こんにちは!

1200時間ファスティング・フィニッシャーの藤原真寿美(ふじわらますみ)です!

はじめましての方はこちらから!

50日ファスティングの体験談についてはこちらのYoutube動画(←クリックするとYou Tubeに飛びます)からどうぞ!

 

・いきなり完成させようとすること、完璧にこなそうとすることが先送りにつながる

ブログ記事を半年間更新していなかったのですが(汗)、その原因が私の“良くないタイプの完璧主義”にあるということに気づきました。ブログって、たくさん記事を書いていないとそもそもグーグル先生の検索に引っかからない、ということがあるんですね。ただ、ブログ記事を書こうと思っても、「何を書こう?こんなこと書いて、がっかりされちゃうかな?そもそもこんなこと知りたいのかな?もっと上手な文章でないとブログの意味ないんじゃないかな?」など、様々な雑念が頭によぎります。

 

・そもそも最初からうまく書ける人なんていない

厳密に言うと、いるのかもしれませんが(笑)、少なくとも私は何でも練習して上手になるタイプで、全然天才肌ではないため、「何度も書いてコツをつかむ」という経験を積まないと、そもそもブログを見に来てくれた人にわかりやすく読んでいただくなんて、考えるほうがおかしかったんですよね(笑)頭では「まずは100記事書き溜めないと、そもそもたどり着いてもらえない」と【記事数が大事】であることをわかっていたつもりなのですが、ブログを立ち上げても記事の質にばかり囚われて、うまく書こう!と力みすぎてしまって、全然更新していないという状況が続いていました(お恥ずかしい・・・)。

 

・「やったことない」→「デキる!」に変える最高に効果的な方法は、細分化すること

そこで、とにかく私は、「100本書きためる」という目標に集中することにしました。そして、「記事を書く」という行為を徹底的に細分化して自分だけのワークシートを作り、まずはそのワークシートを埋めていけば、なんとか記事の骨格ができるようになる、という状態を作りました。すると・・・なんということでしょう~!半年間も1本も記事を更新していなかった私が、1日に6本も記事をアップすることがデキるようになったのです!!!すごすぎませんか?!(笑)んもう、自分でもビックリしちゃいました。

・デキる!が増えると楽しい!

今まで苦手意識があったものがデキるようになると、本当に嬉しくなって、「もっと書きたい!」という状態になります。こうなると、人はもう止められません(特に私の性格(笑))。やったことのないことや経験が少なくて、苦手意識があることは細分化して「まずはとりかかった状態」をいかに早く作るかが、いかに大事か、を改めて経験することができました。これからも皆様のお役に立てる、楽しいブログを目指してコツコツやっていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!