プロフィール

初めましての方の為に、自己紹介をさせていただきますね!

1200時間ファスティング・フィニッシャーの藤原真寿美(ふじわらますみ)です!

50日ファスティングの体験談についてはこちらのYoutube動画(←クリックするとYou Tubeに飛びます)からどうぞ!

 

お笑い漬けで育った小学生時代

小さい頃からお笑い芸人さんが大好きで、小学2年生くらいの時、ダウンタウンさんの、とあるトーク番組を何度も観すぎて、しまいには完コピして“消音”でも同じペースで2人分のトークをソラで喋れるくらいにまでなっていました・・・笑

英語に目覚めた中学時代

中学に入って英語の授業が始まり、外国語に興味が出てきたんですね。そして中学1年の時、2歳上の女子の先輩が英語のスピーチコンテストで県大会まで出場した!と校内で表彰され、全校生徒の前でスピーチを披露したんです。その時に「めちゃくちゃかっこいい!来年は私があそこに立つんだ!」と決意し、英語の先生に「来年は私が出場する!」と宣言したのを覚えています。

そして翌年、宣言通り立候補し、校内選抜で代表に選ばれました。そこから、度胸をつけるためということで様々な場所へ練習ということで連れて行っていただきました。地元が沖縄なので、米軍基地のハイスクールへ行き、アメリカ人の高校生のクラスで前に立って、スピーチを披露させていただいたりもしました。めちゃくちゃ緊張しぃの性格なので、最初はほんっっっっとうに緊張して震えて、全然声も通りませんでしたが、何度も何度も人前でスピーチをすることによって、徐々に「人前で話す」ということに慣れてきました。

ラッキーの連続で天皇皇后両陛下と!

度重なる訓練のかいあって、そしてラッキーなことに県代表に選ばれ、全国大会決勝まで残る事ができたのです!さらにさらに!!!高円宮杯という大会だったのですが、ちょうど51回めの節目だったため、決勝後のレセプションパーティーには、高円宮殿下ご夫妻と平成の天皇皇后両陛下も参列されたのです!!!もう、ここまででも本当に本当に夢のようですが、さらにさらにさらに!!!決勝に残ったメンバーには、両陛下が一人ひとりに労いの言葉をかけてくださり、手を握っていただきました。もう、一生忘れられない最高の思い出となりました。

幼少期に培ったお笑い魂と英語好きが大阪へ導いた高校時代

そんなこんなで、中学時代には英語に対する忘れられない成功体験ができたわけなんですね。そうなると、「もっと勉強したい!」と思うようになりました。また、お笑いが大好きだったこともあり関西の文化が大好きで、「関西の高校に行かせて!」と親に懇願。まぁ、大阪の学校に行きたいということは、小学校6年生のときから行っていたのですが、さすがに中学から親元を離れて通学するというのはいろいろなハードルがあり、高校でやっと出してもらえました。通うことになった高校は、英語の授業が通常の2倍もカリキュラムに組まれている、英語に力を入れた高校でした。

 

大学卒業後、社会人を10年経験した後、再度大学受験(しかも一般入試)

管理栄養士を取得したのは、2017年の春、32歳のことでした。

28歳から管理栄養士の養成校に通い、32歳で無事取得することができました。

28歳から2度目の大学に通うきっかけとなったのは、病気を持つ彼(現在の夫)と出会ったことでした。

結婚パーティーの前日、母親と姉に、管理栄養士の資格を取ることを勧められ、一般入試の2ヶ月前である翌日には受験を決め、奇跡的に合格していました。

受験を決めたのは11月。
どの大学も社会人入試の願書受付が軒並み終わっていた時期だったので、一般入試しか残っていませんでした。
現役高校生たちとともに受ける一般入試の受験までに2ヶ月ほどしかなかった為、ほとんど諦めモードでしたが、ウェブサイトで “ 合格 ” の文字を見た時は、とても嬉しかったのを覚えています。

あれは、パン屋に勤めている時、お昼の休憩室での事だったなぁ・・・。

1度目の大学卒業後、飲食の世界(フレンチ→イタリアン→パン屋)で働いていた私は、スキルアップの意味でも、食事で家族を守る意味でも、管理栄養士の資格の有無は、私の将来を大きく左右するだろう、と意気込んでいました。

大学卒業間近となった2017年1月、私はミネラルファスティングと出会いました

人生が変わったファスティングとの出会い

はじめ、「ファスティング」と聞いて頭に浮かんだのは、「よくあるダイエット法のひとつかな」ということでした。ただ、ファスティングの講座を受けてみると、「もしかしたらすごいメソッドかもしれない」そう感じたのです。その直後に7日間のファスティングにチャレンジしました。

結果、ファスティングは私の人生を変えました。

10年間飲み続けたアレルギーの薬をたった1回7日間のファスティングで断つことができたのです。

「慢性蕁麻疹(まんせいじんましん)」という病名で、どの皮膚科に行ってもどのお医者さんに聞いても、皆さん口を揃えて「慢性蕁麻疹は原因不明で一度発症したら治らないからうまく付き合っていくしかない」「慢性蕁麻疹で薬を飲み始めたら、一生薬は飲み続けなければいけない」とおっしゃいました。

いろんな事を試しました。お医者さんのいう通り、何をやっても効果はありませんでした何度も諦めかけました。ただ、諦めきれませんでした。

4年ほど前、夢を100個書き出したことがありました。その中の一つに

ーーーーーーーーーーー
薬を飲まずに生活したい
ーーーーーーーーーーー

という項目がありました。

私は、たった7日間のファスティングで、夢を叶えることができたのです。

10年間、何をやっても断つことができなかった薬を、たった1週間で断つことができたのです。

この経験から、アレルギーや肌の悩みを抱える世界中の女性にアレルギーコントロールスキルを伝授し、痒みから解放され掻く事を忘れる“カカヌ・ジェンヌ”を排出する!という情熱をもち、ファスティングと食の学校「Fastastic College ファスタスティック・カレッジ 」を設立いたしました。

今現在は、ファスティングのサポート、食育活動、撮影等のお仕事をメインに活動しております。