こんにちは!

1200時間ファスティング・フィニッシャーの藤原真寿美(ふじわらますみ)です!

はじめましての方はこちらから!

50日ファスティングの体験談についてはこちらのYoutube動画(←クリックするとYou Tubeに飛びます)からどうぞ!

・卵は1日1個は問題ありません

鶏の卵のコレステロールは約250mgです。

日本人の平均的なコレステロール摂取量は300mgですから、

それに比べると卵1個から摂取される

コレステロールは確かに多く感じますね。

では、コレステロールとは一体どんなものなのでしょうか。

コレステロールは脂質(ししつ)の仲間です。

脂質の大半を占める中性脂肪は、

身体の中でエネルギーとして利用され、

あまったら体脂肪として蓄積されます。

しかし、コレステロールは、エネルギーとしてではなく、

細胞の構築成分として利用されます。

DHA同様、ひなの成長の為には

たくさんの細胞成分が必要です。

そのために多量のコレステロールが

卵の中には多く含まれているのです。

コレステロールは体内でも合成されます。

その量は意外と多く、

食事から吸収されて体内に入る量に比べて

3~7倍もあるのです!

合成量はしっかりと体内で制御されていて、

食事からの摂取が多ければ少なく、

少なければ合成量は多くなります。

身体の中に卵1個分のコレステロールが入ったとしても、

それよりも遥かにおおくのコレステロールが

体内で作られているわけですから調節は容易です。

・心臓病のリスクもほとんど差なし!

「卵をまったく摂取しない人と卵を食べる人との間には、

虚血性心疾患などのリスクにほとんど差は無かった」という

研究結果がたくさん出ています。

ということは!

卵は1日1個は食べて大丈夫ということなのです!

卵白には血中のコレステロールを

低下させる作用があることも知られており、

コレステロール以外の卵成分も

この結果に深く関係しているのかもしれません。

卵には、成長に欠かすことの出来ない

ほとんどの栄養素がバランスよく含まれています。

特に良質のタンパク質、ビタミンA、B2,Dなどの

栄養素は豊富です。安価で調理性もよく、

毎日食べても飽きないという素晴らしい食材の一つです。

卵にはレシチンと呼ばれる

脂質成分が豊富に含まれています。

レシチンは細胞の膜を構成する成分であり、

さらに、レシチンに含まれるコリンという成分は

神経の働きを正常に維持する為に働きます。

やはりこれもヒナの成長に欠かすことが

出来ないものなのです。

・結論:卵はビタミンC以外の栄養素をバランスよく含む完全栄養食!

食べ過ぎはよくありませんが、

卵は手軽でとても身近で栄養バランスも優れた優秀食材

血糖値も急激に上げたりしにくい食材ですので、

間食などにぜひ積極的に取り入れてみてくださいね!