こんにちは!

1200時間ファスティング・フィニッシャーの藤原真寿美(ふじわらますみ)です!

はじめましての方はこちらから!

50日ファスティングの体験談についてはこちらのYoutube動画(←クリックするとYou Tubeに飛びます)からどうぞ!

皆様は普段の食生活で気をつけていることはありますか?

それはどんなことでしょうか?

 

 

カロリー?

産地?

それとも好きなものを好きなだけ?(昔の私はそうでした・・・笑)

 

 

「食生活に気をつけなくては・・・」と思っても、食に関する情報ってたくさんありすぎて、

何をどう改善したら良いかわからない、そんな声をよく耳にします。

 

ということで今回は、50日間断食した、そして管理栄養士でもある私藤原が、

普段の食生活で気をつけていることをご紹介します!

 

 

・タンパク質をしっかり摂る

女性に圧倒的に不足しがちな栄養素、それがタンパク質です。

 

タンパク質は、身体のありとあらゆる部分の材料になっています。

 

傷を作って血が出ちゃってもすぐ止めてくれるのもタンパク質。

傷を治そうと一生懸命働いてくれるのもタンパク質。

傷を修復するのに必要な材料もタンパク質。

 

 

いろーんな箇所で、場面で、タンパク質って重要な働きをしてくれるのです。

 

ただ、忙しくしていると、

おにぎり、

うどん、

ラーメン、

パン、

はたまた、お菓子・・・

などなど、

 

手っ取り早くお腹を膨らませようとすると、

行き着くのが炭水化物なのです。

 

 

炭水化物も非常に大事な栄養素なのですが、

炭水化物に偏った食事を続けていると、

タンパク質だけでなく、

ビタミンやミネラルも不足しがちになってきます。

ですから、タンパク質をしっかりと意識して摂取するようにしています。

 

 

【代表的なタンパク質を多く含む食材】

・肉類

・魚介類

・たまご

・乳製品(できればグラスフェッドのもの)

 

 

・加工度の低い食品を選ぶ

「加工度が低い食品」というのはどういう食品かというと、

「見るだけで原材料がわかりやすい食品」ということです。

 

野菜や果物は加工されていないそのままの状態なので、

問題ないですね。

 

 

例えば、

 

ハンバーグよりステーキ、

ソーセージやハムより豚テキ、

味付け肉より切っただけのお肉、

練り物よりお魚の切り身、

 

といった感じです。

 

ハンバーグや練り物がいけないと言っているわけではなくて、

加工度が上がると「選び方の難易度」も同じく高くなっていきます。

 

加工食品で気になるのは食品添加物ですが、

通常スーパーなどで出回っている加工食品は添加物が多い商品がほとんどで、

こだわって極力添加物を使わずに作っているものを選ぶのには

多少なりともコツや知識が必要になってきます。

 

 

こだわって作っている加工食品は大好きですが、

取り扱っているお店が少ないこともあるため、

できるだけ加工度の低い“素材”を購入するようにしています。

 

 

そして自家製で、いろんな発酵食品やおつけものなどを作るようにしています。

 

・楽しく、感謝して、マインドフルにいただく

実はこれ、当たり前のようでほんっっっっとうに大事です。

 

 

どんなにいい食材でも、どんなに美味しく好きな食べものでも、

しかめっ面して、誰かの文句を言いながらいただくのは、

決して身体にいい影響を与えません。

 

テレビを観ながら、

本を読みながら、

SNSを観ながら・・・

そんな風に食事をする習慣があると、

太りやすくもなりますし、

消化にもよくありません。

 

 

いただきます。

ごちそうさまでした。

ありがとう。

 

この気持を忘れずに、毎日のお食事をいただくことを心がけています。