こんにちは!

1200時間ファスティング・フィニッシャーの藤原真寿美(ふじわらますみ)です!

はじめましての方はこちらから!

50日ファスティングの体験談についてはこちらのYoutube動画(←クリックするとYou Tubeに飛びます)からどうぞ!

・ファスティング中は胃酸が過剰に分泌されるのを防ぐため、カフェインフリーで過ごします。

ファスティング中は固形物を摂取せずに、

酵素発酵(こうそはっこう)により低分子化された

ファスティング専用のドリンクを摂取して過ごします。

 

 

ファスティング中は、消化にほとんどエネルギーが使われないので

胃腸が休まり、消化酵素の無駄遣いをせずに済みます。

 

 

そんなファスティング中にカフェインを摂取してしまうと、

不用意に胃酸が分泌されてしまい、吐き気などの不調につながってしまいます。

 

 

そもそもファスティング用の酵素ドリンクと謳っていて、

カフェインが含まれているものもあるかもしれませんが、

50日ファスティングを経験した私からはおすすめできません。

 

 

ファスティング中は、カフェインフリーで過ごすようにしましょう。

 

 

・緑茶、ほうじ茶、ジャスミンティーなど様々な飲み物にカフェインは含まれています。

では、ファスティング中は、どんな飲み物を摂取して過ごせば良いのでしょうか。

ファスティング中は、規定量のファスティング専用ドリンクKALA(カラ)の他に、

水分を2L以上摂取して過ごします。

 

 

ファスティング中の水分摂取には、

ミネラルウォーター、白湯、麦茶、ハーブティー(砂糖・ミルクは入れない)、

梅昆布(うめこぶゆ)などを摂取します。

 

 

ハーブティーは、ルイボスティー、カモミールティー、パッションティー、ローズヒップティーなど、

カフェインやお砂糖、乳脂肪分などの含まれていないストレートのものがおすすめです。

 

 

梅昆布湯(うめこぶゆ)は、昔ながらの塩だけで漬けた梅干し、昆布、お湯で作ります。

 

 

梅昆布湯の作り方は簡単で、マイボトルなどに梅干し1個と昆布(10cm角)を入れ、

お湯を注いで完成です。

 

30分くらい経つと梅や昆布の風味がほんのりついた、

ファスティング中の身体に染み渡るおいしい梅昆布湯の完成です。

 

 

逆にカフェインが含まれていて、ファスティング中は避けたい飲み物は、

緑茶、ほうじ茶、ジャスミンティー、コーヒー、紅茶などです。

 

 

意外と身近な多くの飲み物にカフェインは含まれているので、

ファスティング中は注意して過ごしましょう。

 

 

・栄養ドリンクなどはカフェインだけでなく、糖質も過多なので注意しましょう。

「カフェインの含まれていない栄養ドリンクなら摂取しても大丈夫?固形物じゃないし良いんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

残念ながら、栄養ドリンクや滋養強壮ドリンクも、ファスティング中はNGです。

 

 

更にいうと、ファスティング中だけでなく栄養ドリンクやエナジードリンクは、

普段から摂取を控える必要があります。

 

 

 

その理由は、カフェインが多く含まれるだけでなく、

血糖値の急上昇を引き起こしやすい糖質が多く含まれるからです。

 

 

 

「疲れたなー」と思うとき、カフェインや甘い物を摂取して、

元気になった経験がある方もいらっしゃると思います。

 

 

 

ただ、それは実はあくまで一時的なもので、

その後にはカフェインや甘い物を摂取する前よりも疲れやすくなってしまい、

更にカフェインや甘い物を欲してしまうという負の連鎖を招いてしまいます。

 

 

 

普段の生活でもそれだけ身体に負担をかけてしまうのですから、

ファスティング中に摂取してしまったら、どれだけ身体に意地悪なことをしているか、

簡単に想像ができますよね。

 

 

ですから、ファスティング中も普段の生活でも、カフェインや甘い物の摂りすぎには気をつけましょう。